ホーム>ストレスケア

ストレスケア

ストレスケア講座の特徴

五感ストレスケアコース

現代の人間にとって第八感までの感覚が必要と言われています。八感とは(視覚 ・聴覚 ・味覚 ・臭覚 ・触覚・直感・ひらめき・超感覚)の事ですが、私たちは情報過多のネット社会の中で見たり聴いたりする情報が大半で物事を判断、決断することが日常です。

しかし、絶対五感は、さわる→味わう→匂う→聴く→見るという順番でしか脳まで神経回路が伝わらないのです。要は五感が誤作動を起こした状態=ストレス=脳疲労なのです。

赤ちゃんは、なんでもさわって口に入れて匂いをかいで~というふうに触覚が最初で、触覚の中にはすべての器官がが存在していたのです。生命進化の中では残りの4つは後からできた機関なのです。アンバランスなごかんを調律し、その先にある直感ひらめき超感覚を刺激します。

五感の神経回路は脳に繋がっています。その流通回路をトリートメントする事で五感の(つまり)や(にぶり)を取り除き、脳を活性化させることで五感の本来持つ働きを正常化させ第六感直感力も活性化していきます。
脳疲労をとり、ストレスケアに特化した特殊な技術です。
施術後は、全身が軽く頭がスッキリ!目もハッキリと見え、今迄感じない音や五感の感覚が研ぎ澄まされ心が穏やかになり、とても落ち着いた気分になります。


 
手のやさしさとぬくもり、ゆっくりと、水をながすようなハンドタッチ。
1秒間に5~10cmのリズムでトリートメントしていきます。
オキシトシンというホルモンは、母親が赤ちゃんに母乳を飲ませる時に出るホルモン・幸せ、愛情ホルモンと呼びます。
 
酵素が入ったナノ化した自社独自の特化した五感ウォーターをゆっくりワインを飲むように舌で転がしながら粘膜から
吸収させるよう飲みます。
香りによって脳に刺激を与え、血流量・ホルモン分泌・器官の活性化を促進。免疫機能等を高めることで神経の緊張を緩め、
ストレスを解放していきます。
 
香り(精油)による癒し。カウンセリングにより選定されたアロマ、オーダーメイドの香を嗅ぎそのオイルを使って施術していきます。
 

メンタル&ボディストレスケア 施術の流れ

 

 背面リンパトリートメント

STEP3. 背面リンパトリートメント

施術は、美容先進国ヨーロッパで認められたカリスマ技術"フォーカシングトリートメント"によるマッサージでコリやリンパの詰まり、セルライトを流します。
普通のリンパマッサージとは違い『脳にアクセスする呼吸法』身体のリズムである『1/fゆらぎ効果』を融合させた独自のトリートメントシステム!
老化肌を若返らせるマカダミアナッツオイルを使用し、さらに特殊な五感ウォーターとエバーブルーをブレンドする事で浸透力がUP!

流れ

クレンジング&ふわふわ泡洗顔

STEP4. クレンジング&ふわふわ泡洗顔

背面施術の後は、吸着力の高い"魔法の泡"で毛穴の大掃除の始まりです!
洗うだけでくすみ、赤ら顔、シミ、しわ、ニキビ等あらゆる肌トラブルにも速効で対応できる洗顔です!
独自の洗顔法『バイブリンパマッサージ』で見る見るうちに、真っ白の泡が黄色く変色!(汚れを吸うと泡の色が変わります!)
洗顔後は明るくつややかな柔らかな赤ちゃん肌に♪

流れ

ミネラル泥パック

STEP5. ミネラル泥パック

泥パックで引き締めていきます。
沖縄のミネラル豊富な海藻と泥の成分により、肌に栄養と潤いを与えキメを整えます。リフトアップ効果と美白のダブルエイジング効果あり♪

流れ

足マッサージ

STEP6. 足マッサージ

パック中は贅沢に足つぼマッサージサービス!足裏のコリをほぐし、足の指1本1本を伸ばして丁寧にリンパを流します。
冷えやむくみでお悩みの方には必要不可欠!手先までポカポカしてきますよ~♪
パック中も絶えずマッサージが続く、徹底されたサービスが自慢です♪

流れ
 

ヘッドマッサージ

STEP8. 五感ヘッドマッサージ

五感ウォーターを反射区にスプレーし、脳に届く五感神経の通り道をマッサージ。指先で頭蓋骨や頭皮の状態を感知し脳疲労をほぐして取っていきます。
心と体に溜まったストレスも一緒に抜いていくので、終ったあとは身体も気持ちもスッキリ!目がパッチリと開いて視界がクリアに♪

コース 時間 料金
メンタル&ボディストレスケアコース
(背中+フェイシャル+顔の反射区刺激+ヘッドマッサージ)
 
110分 ¥11,000
ボディ
(背中+フェイシャル+顔の反射区刺激+脚+ヘッドマッサージ+ハンド)
 
130分 ¥13,000
ストレスケア&ボディトリートメント
(カウンセリング→脚→背中→デコルテ→顔反射区刺激→ヘッドマッサージ)
90分 ¥12,000

 

お電話でのお問合せをお勧めいたします。

お気軽にお問い合わせください
ページ上部へ